ファイルマネージャーについて

フォルダ共有機能

フォルダ共有機能とは

フォルダ共有機能とは、特定のフォルダへアクセスを許可されたユーザを作成し、ドライビーのメインユーザとの間でファイルを共有することが出来る機能のことです。
ドライビーのメインユーザのみが、共有するユーザの作成、及び共有するフォルダの設定を行うことが出来ます。

※ファイルマネージャー上でのみご利用が可能な機能です。
共有ユーザを用いてのWebDAV接続は行うことが出来ません。

共有ユーザの作成、及び共有フォルダの設定手順
  1. まずは共有して利用するフォルダを作成します。
    ログイン後、「ファイルマネージャー」からフォルダ作成を作成してください。

    フォルダ作成
  2. 次に、共有フォルダにアクセスできるユーザを作成します。
    作成したフォルダの右に表示されている「共有ユーザ追加」をクリックしてください。

    共有ユーザ追加をクリック
  3. 共有するフォルダ、ユーザの情報を入力し、「共有ユーザを追加する(確認)」をクリックしてください。

    設定内容の入力
    ■フォルダ

    共有するフォルダ名を入力してください。

    ■共有ユーザ名

    共有するユーザ名を入力してください。

    共有ユーザ名は「(入力した文字列)@(ドライビーID).drivee.jp」という形式になります。

    ■パスワード

    共有フォルダにアクセスする際のパスワードを入力してください。
    また、確認のために再入力も行ってください。

    ■権限

    共有ユーザに与える権限を選択できます。

    • 全て … メインユーザと同様の操作が可能です。
    • ダウンロード … ファイルのダウンロードのみ可能です。
    ■メモ

    任意項目です。メモを残しておきたい場合は入力してください。

  4. 内容確認後に設定完了

    入力内容が表示されますので、今一度ご確認ください。
    問題が無ければ「共有ユーザを追加する(確定)」をクリックしてください。

    完了画面が表示されれば、今回作成したフォルダに対してアクセス可能なユーザの作成完了です。

共有ユーザの管理

各フォルダに追加した「共有ユーザ」の管理を行うには、ファイル/フォルダ一覧の右上にある「共有ユーザ設定」をクリックしてください。

共有ユーザ設定

そこから以下のようなことを行うことが出来ます。

共有ユーザ一覧

現在設定されている共有ユーザ、及び設定内容を一覧することが出来ます。

共有ユーザ一覧
共有ユーザの設定変更

該当するユーザの「変更」ボタンをクリックしてお進みください。
ユーザ追加時に設定した各項目の内容を修正することが出来ます。

共有ユーザの設定変更
共有ユーザ削除

該当するユーザの「削除」ボタンをクリックしてお進みください。
共有ユーザ、及びフォルダへの設定を削除します。

共有ユーザの削除
共有ユーザのログイン

ファイルマネージャへは、メインユーザと同じログインフォームから行うことが出来ます。

ログインフォーム

「共有ユーザ」と「パスワード」を入力してログインしてください。