WebDAV接続マニュアル

Windows XP で接続

Windows XPにおいて、OS標準のWebDAVでドライビーに接続を行います。

初めて接続される場合には、以下の手順に沿って作業を進めてください。

■InternetExplorer8をお使いの方は

本マニュアルの手順では、ドライビーに接続を行うことが出来ません。
下記のマニュアルをご参照の上、接続作業を進めてください。

ドライビーマニュアル - Windows XP(IE8の場合) で接続

接続手順
  1. まず、InternetExplorerを開きます。

    InternetExplorerを開く
  2. ツールバーより、「ファイル」メニュー内の「開く」をクリックし、「ファイルを開く」ダイアログを表示させます。

    ファイルを開くダイアログを開く
    ■ポイント
    • ツールバーが表示されていない場合は、「Altキー」を押すか、ブラウザの表示設定を変更していただくことが表示させることが出来ます。
    • 「Ctrlキー」と「Oキー」を同時に押すことでも「ファイルを開く」ダイアログを表示させることが出来ます。
  3. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されますので、「https://(ドライビーID).drivee.jp/」と入力してください。

    ドライビーへの接続URLを入力

    (ドライビーID)の部分は、ユーザー毎に発行されているドライビーIDをご入力ください。
    本マニュアルでは仮に「sample」とします。

  4. 「sample.drivee.jp」への接続認証画面が表示されるので、以下のように入力し、OKをクリックします。
    オプションの「パスワードを記憶する」をチェックしておくと便利です。

    ユーザー情報の入力
    ユーザ名 ドライビーIDを入力します。(本マニュアルではsample)
    パスワード 管理ツールへのログインパスワードを入力します。

    ※ログインパスワードをお忘れの場合は「パスワードの再発行」が可能です。

  5. 接続に成功すると、エクスプローラー画面が表示されます。
    左側「その他」の項目に表示されている「マイ ネットワーク」を開きます。

    マイネットワークを開く

    「sample.drivee.jp」というネットワークフォルダが表示されていますので、クリックして開いてください。

    ドライビーのネットワークフォルダを開く
  6. 「https://sample.drivee.jp/」というウィンドウが表示され、ドライビーに保管されているデータが表示できるようになります。

    ※初回の接続時には空の状態です。

    ドライビーへの接続完了

    以上でドライビーへの接続は完了です。

    ■ポイント

    初回の接続さえ行ってしまえば、次回からは同様に「マイ ネットワーク」よりネットワークフォルダへアクセスすることが可能です。