WebDAV接続マニュアル

TeamFile で接続

TeamFileという無料のWebDAVクライアントを用いてドライビーに接続を行います。

■TeamFileについて

TeamFileクライアントは無料のWebDAVクライアントです。
ファイルをダブルクリックすることで各種アプリケーションを起動でき、安定した動作が特徴です。

開発元:コンピュータ・ハイテック株式会社

それでは、以下の手順に沿って作業を進めてください。

TeamFileのダウンロード

まずは、TeamFileクライアントをダウンロードします。
下記よりダウンロードすることができます。

<TeamFileクライアントダウンロードページ>
TeamFileダウンロード

TeamFileのインストール
  1. ダウンロードが完了したら、「teamfile.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

    Teamfileのインストール開始
  2. インストールウィザードが始まりますので、ウィザードの指示に従って、インストールを進めます。

    ウィザードに沿ったインストール作業
  3. インストール後は、再起動を求められますので、「はい」をクリックして再起動を行ってください。

    インストール後の再起動

    以上でTeamFileのインストールが出来ました。

TeamFileでドライビーへ接続
  1. まずは「マイ コンピューター」を開きます。

    マイコンピューターを開く
  2. 「その他」の項目に、TeamFileがインストールされていますので、アイコンをダブルクリックします。

    その他の項目にTeamFile
  3. TeamFileのエクスプローラーが開きますので、ドライビーのサーバーを追加しましょう。
    右クリックメニューより「サーバーの追加」をクリックします。

    右クリックメニューよりサーバーの追加
  4. サーバー設定ウィンドウが開きますので、各種情報を入力してください。

    サーバー設定ウィンドウへの入力

    入力する情報は以下の通りです。

    名前 任意のものを入力してください。
    URL https://(ドライビーID).drivee.jp/ と入力してください。
    本マニュアルでは仮にドライビーIDを「example」とします。
    ログイン情報 自動ログインにチェックを入れ、以下の情報を入力してください。
    • ユーザーID … ドライビーID(ここでは仮にexampleとします)
    • パスワード … 管理ツールログイン時のパスワード

    ※ログインパスワードをお忘れの場合は「パスワードの再発行」が可能です。

  5. 次に「接続テスト」タブをクリックします。
    ここで、正常にドライビーに接続できるかチェックしてみましょう。「テスト」ボタンをクリックし、「接続ステータス」に「接続成功」と表示されれば成功です。

    TeamFileの接続テスト
  6. 以上でドライビーへの接続設定は完了です。「OK」をクリックして設定を終了します。

TeamFileの使い方
  1. 最初に接続したいサーバーを選択します。
    先ほど登録したサーバーをダブルクリックすれば、ドライビー内のファイルを見ることができます。

    Teamfileでの接続設定完了
    ■TeamFileをドライビーで使用する際の注意

    TeamFileのロック機構を無効にしていただく必要があります。
    以下の手順に沿って、設定を行ってください。

    1. サーバアイコンを右クリックしてプロパティを選択
    2. ダイアログ左下の「詳細設定」チェックボックスをクリックする
    3. 追加表示されたタブの詳細を選択
    4. サーバ特性の「ロック・シーケンスを省略する」をチェック
    5. 「OK」ボタン押下
  2. ドライビーに接続できましたが、初期状態ではファイルやフォルダは一つも無い、空の状態です。

    まずは、ファイルをコピーしてみましょう。ドライビーにコピーしたいファイルを選択して、TeamFileにドラッグ&ドロップします。

    ファイルをドラッグ&ドロップ
  3. ドライビーにファイルをコピーすることが出来ました。

    ファイルアップロード完了