WebDAV接続マニュアル

NetDriveで接続する

NetDriveという無料のWebDAVクライアントを用いてドライビーに接続を行います。

■NetDriveについて
NetDriveクライアントは、Bdrive社より提供されている無料のWebDAVクライアントです。(※商用利用の場合のみ有償です。)
NetDriveを使用することで、ウェブ上のディスク領域をお使いのPC上のローカルハードディスクとしてマウントし、ファイルをダブルクリックで使用できるようになります。

NetDriveのインストールを行う際は、以下の手順に沿って作業をお進めください。

NetDriveのダウンロード

まず、NetDriveクライアントをダウンロードします。
下記URLよりダウンロードすることができます。

NetDriveクライアント ダウンロードページ
http://www.netdrive.net/

NetDriveのインストール
  1. ダウンロードが完了したら、「NetDrive-SETUP.exe」をダブルクリックしてインストールを開始します。

    NetDriveのインストールを開始
  2. 利用規約に目を通していただき、ご同意いただける場合は「I Agree」をクリックしてください。

    利用規約に同意
  3. インストールウィザードが続きますので、インストール先フォルダを選択し「Install」をクリックします。

    インストール先のフォルダを選択してインストール
  4. 完了画面が表示されましたら、「Close」をクリックします。
    以上でNetDriveのインストールは完了です。

    NetDriveのインストール完了
NetDriveでドライビーへ接続

それでは、NetDriveにドライビーの設定を行います。

  1. まずは「スタート > 全てのプログラム」より、NetDriveを開きます。

    NetDriveを開く
  2. NetDriveのエクスプローラーが開きますので、ドライビーのサーバーを追加しましょう。
    「New Site」をクリックします。

    New Siteをクリックしてサーバー追加
  3. 右側のサーバー設定画面にて、赤枠部分にドライビーへの接続設定を入力の上、「Advanced」をクリックしてください。

    ドライビーへの接続情報を入力

    入力する情報は以下の通りです。

    Site name 任意のものをご入力ください。
    Site IP or URL (ドライビーID).drivee.jpと入力してください。
    本マニュアルでは仮にドライビーIDを「example」とします。
    Port 「443」をご指定ください。
    Server Type 「WebDAV」を選択してください。
    Drive 空きドライブを選択してください。
    Accouunt ドライビーIDをご入力ください。(ここでは仮にexampleとします)
    Password 管理ツールログイン時のパスワードをご入力ください。
    Save password チェックを入れるとアカウント情報が保存されます。

    ※ログインパスワードをお忘れの場合は「パスワードの再発行(リンク)」が可能です。

  4. Encoding「UTF-8」を選択し、「Use HTTPS」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

    各種設定値を選択
  5. 次に「Connect」をクリックします。
    割り当てた仮想ドライブフォルダが表示されれば接続成功です。

    ドライビーへ接続
  6. 以上でドライビーへの接続設定は完了です。

NetDriveの使い方
  1. マイコンピュータのドライブをダブルクリックすることで、ドライビー内のファイルを見ることができます。

    NetDriveによる

    または、起動させたNetDriveからサーバーへ接続することでのファイル閲覧も可能です。

    サーバーを選択し、「Connect」ボタンをクリックしてください。
    問題なく接続されれば、ドライビー内のファイルを見ることができます。

  2. 手順1.でドライビーに接続はできましたが、初期状態ではファイルやフォルダは一つも無い、空の状態です。

    まずは、ファイルをコピーしてみましょう。
    ドライビーにコピーしたいファイルを選択して、NetDriveにドラッグ&ドロップします。

    ファイルをドラッグ&ドロップでコピー ファイルをドラッグ&ドロップでコピー
  3. ドライビーにファイルをコピーすることが出来ました。

    ファイルのコピーが完了しました